スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北活動ツアー「2度目の訪問を心待ちに・・・」編

2011.12.10 23:31|未分類
桜PJ東北活動ツアー。今日はツアー報告第3回目「2度目の訪問を心待ちに・・・編」です。

初めて経験した石巻での活動(3月末~4月初め)。
正直あの時は「この1回で活動は終わるだろう」って思ってました。
距離も遠い・・・仕事もある・・・。

でも教育テレビで岩手県沿岸部の医療状況を見た時に「行かなきゃ!!」って
またまた火がつきました。

岩手県中小企業家同友会に直接問い合わせ、岩手県の医療局~岩手県看護協会とつなげてもらい、
5月のGW1週間は「岩手県下閉伊郡山田町」で活動と決まりました。

派遣されたのは「山田南小学校避難所」。

ここは「小学校・武道場・保育園」3か所で構成された避難所。
一時期は医療ボランティアスタッフも含めると1,000人規模の避難所でした。
私が行ったころは、350人ぐらいだったかなぁ。

災害看護ボランティアとしては、巡回しながら健康状態確認や相談、
感染などの生活状況確認等・・・をするイメージ。

医療的なことは少ないので、心のケアも含めた避難所にお住まいの方々との関わりが多かったです。
1週間の活動を終えた時「帰っちゃうの?」と言われ「また来るね」って。
でもこの「また来るね」って社交辞令が多いと聞きます。
2度目の訪問はかなり少ない・・・。

だから、8月に2度目の訪問をした際には「ホントに来たんか!!」と驚かれ、そして歓迎されました。
現地のナースも言ってましたが、「誰も2回目来てくれない・・・」って現地の方々は言っていたそうです。

そして今回は3回目! 5件のお宅に伺いました。
最初はむっちゃん。世話好きでお料理大好き。(お菓子持って記念撮影!)
10月にたくさんの手作りお菓子を送ってくれましたが、
今回もたくさんのお菓子を作って待ってくれてました。

パウンドケーキ、シフォンケーキ、マドレーヌ、赤カブの漬物。(翌日に電話あり、ドーナツも追加!)

しゃべりたくてしゃべりたくて・・・30分ほどの滞在でしたが、ずーっとしゃべってました。
でもね、数日後にメールが来て、まだしゃべりたいこといっぱいあったんだって!!

次は第2回目で登場したご家族。


お次は避難所で自治会長をしていた勝美さん(元漁師)。
お酒飲んで寝ていたのを起こしてまで訪問しちゃいました!
でもよっぽどしゃべりたかったのね・・・
20時頃に訪問したのですが、終了は23時を済んでいました(笑)。
今の山田町に起きている雇用問題等について、深い深い話でした。

翌日午前中早々に、芳子さん宅へ。
突然の訪問でかなりびっくりしてましたが、とっても喜んでくれました。
でも急いでいたのでお土産渡して早々に終了。今度はゆっくり来るね。

最後は建具屋の邦光さん。52才なんだけどかっこいいの!男っぽい人なのです。
邦光さんの叔父さんが働いているかき小屋で待ち合わせ。
牡蠣を試食させてもらいました。実は牡蠣苦手なんですが、おいしく頂きました。

今度から仮設の区長さんに抜擢されたとか・・・
仮設の工場も建築するし、忙しくなりそうな邦光さんです。

会話内容の詳細を書くと、これまた長文になるので、今回はあっさりと終了します。
避難所での出会いが今もこうして続いています。皆さんの優しさに心もあったかい。
普段はメールやお手紙でやり取りしていますが、やっぱり対面が一番。
しょっちゅうって訳にはいかないけど、ある意味第2の故郷。
これからも年に数回は訪れたい地です。

その時その時期で新たな課題も出てきています。
タイムリーに出来る事は少ないでしょうが、まずは「知ること」からがスタートだと思います。

しっかり聞き、理解し、共有し・・・。

そして「いつも心は一緒」であることをお伝えしていきたいですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。